A: 出生前診断とは、もともとはお母さんのお腹の中の赤ちゃんがどのような状態であるかを調べるための技術でした。赤ちゃんがちゃんと育っているだろうか、危険な状態になっていないだろうか、または何か先天的な病気にかかっていないかを調べます。そして、赤ちゃんとお母さんのからだを守ったり、赤ちゃんが生まれてきてから重い病気にかかったりしないように予防したりするのに役立てます。

 でも、現実には、お母さんの中には、赤ちゃんに異常がないかどうかずっと不安でいるのはイヤだからとか、障害を持つ赤ちゃんを生むのはイヤだからという目的で検査を受ける方もいます。そして、ほとんどその目的にだけに開発された胎児検査もあります。例えば、後ほど取り上げる母体血清マーカー検査は、たくさんのお母さんたちのお腹の中から、ダウン症や神経管閉鎖不全症を持っている赤ちゃん見つけだして、生まない選択が出来るようにしようと開発されたものです。

JDSNからのメッセージ

 出生前診断の目的には障害児を生まないようにするためというのも含まれるというのが事実ですが、出生前診断を個々の生活の中で意味をきちんと考えて下さい。そして、多くの皆さんが、障害を持つ人がどのように暮らしているか、どのように考えているかを身近に引き寄せて考えてもらいたいと思います。障害を持つ人の社会的受容を進めることで、多くの人々の不安は減少し、出生前診断の目的も変わっていくのではないかと期待しています。


 メインページへもどる