1. 課題概要

・拠点機関
日本側拠点機関:
京都大学大学院医学研究科
(米国)拠点機関:
国立衛生研究所/国立がん研究所(NIH・NCI)
(ドイツ)拠点機関:
ボン大学
(イタリア)拠点機関:
分子腫瘍学財団研究所(IFOM)
(英国)拠点機関:
MRC分子生物学研究所
(カナダ)拠点機関:
ブリティッシュコロンビア大学
(スイス)拠点機関:
スイス連邦工科大学チューリッヒ校
(フランス)拠点機関:
国立科学センター人類遺伝学研究所(CNRS)

・研究交流課題名:「ビッグデータ解析による診断・治療法開発の国際共同研究ネットワーク」

2. 交流内容の説明
概要図


3. 交流状況
平成28年度
平成29年度
年度
所属部署
職名
氏名
期間
交流国
機関名
交流内容
29
医学研究科
教授
武田 俊一
4/1-8
米国

Keystone Symposia, DNA Replication and Recombination学会に参加し、
抗がん治療の作業機序に関するポスター発表と情報収集・情報交換を行った。
フランスの参加研究者、Dr. De Massyとイタリアの参加研究者、Prof. Foianiと
米国の参加研究者、Dr. Nussenzweig、Prof. Haberと
共同研究の打ち合わせを行った。
29
医学研究科
准教授
笹沼 博之
4/23-5/18
米国
Broad Institute of MIT and Harvard
NIH
Dr. Andrewの研究室にて、抗がん治療薬に関する共同研究を行なった。
Dr. Nussenzweigともエトポシド投与時のDNA切断点についての共同研究打ち合わせを行った。
29
薬学研究科
特定准教授
西 美幸
6/2-9
スイス
バーゼル大学
Prof. TrevesとJP45, TRICチャネルに関する共同研究打ち合わせを行なった。








Basel Univ.にて
 Basel Univ.